内緒話(副作用のこと)

内緒話: あたしがはじめたこと, 副作用のこと, ちょっと日記風
 

TVとTGの間には、ひとつのハードルがあります。憧れを持っていても、なかなかそのハードルを越える事ができない。それは、越えてしまったら戻って来る事ができないからです。・・・まあ、あたしはいつまでも、女装子のままですけど(笑)

男性が女性ホルモン剤を摂取した時の、副作用のお話をさせて下さい。


ご理解いただける方だけ、続きをご覧いただければと思います。

 
男性が女性ホルモン剤を摂取した時の副作用、ここでは女性化のために最低限必要な卵胞ホルモンについてお話したいと思います。

副作用というと、病気を誘因するものを思い浮かべるかもしれません。だけど、体内のホルモンバランスを変えてしまう事で、当然起こりうる「本質」ともいえる副作用が、あたしに一歩踏み出すのを戸惑わせた理由です。そして、それはホルモン摂取を考えている全ての人にとって、ハードルになる事だと思います。


「本質」といえる副作用は二つあります。

【不妊】
個人差はあるようですが、半年程で永久不妊になります。これは不可逆な変化で、薬の投与を止めても生殖機能が戻る事はありません。また、それ以前に服用を止めたとしても、奇形児の生まれる可能性は高まると言われています(精子が奇形になるだけという話もあります)。将来自分の子供を作りたいと考えている人は、一時的にでも手を出してはいけません。

【一生飲み続ける必要がある】
体内のホルモンバランスが、完全に崩れてしまいます。薬の投与を止めれば、体内には「男性ホルモンも女性ホルモンもない」状態になり、女性の更年期障害と同じ症状が出るそうです。これは「〜のような」ではなく、「重度の」「そのものの」症状と言われています。つまりは、骨粗鬆症の心配も出てきます。症状を和らげるためには・・・HRT療法よろしく、ホルモンの摂取が必要になるそうです。


次に、病気を誘因する副作用のうち、主なものをあげたいと思います。

【血栓症】
卵胞ホルモンの血液の凝固作用により、血栓症が起きやすくなります。脳で起きれば脳梗塞、心臓なら心筋梗塞、下肢の血管を塞いで壊死・・・。怖いです。
【糖尿病】
糖尿病になりやすくなる、または悪化させます。現に糖尿の人は「ホルモンの服用は諦めろと」まで言われるほど、明らかに悪くなるようです。
【肝機能障害など】
肝臓、腎臓への負担が高まります。特に内服薬は肝臓を1回余分に通るため、負担は大きくなるそうです。
【その他】
前述したように、骨粗鬆症は止めた時の方が危ないと思います。乳癌の危険性は女性並になるだけという事です・・・それでも困りますけど。


その他・・・良い事でも悪い事でも、思いついた事

【性欲の低下、睾丸の萎縮】自主的な勃起はしないし、射精もできません。
【筋肉の減少】使わない筋肉は落ちて、それに伴って体力も落ちます。
【皮下脂肪の増加】薄い脂肪の膜で、体中を被われたような感じです。臀部や太股の肉のつき方は、男のものではありません。・・・女のでもありませんが(笑)。
【皮膚の乾燥】脂性気味だったのに、逆に乾燥が気になります。
【傷治癒の遅延】コップで切っちゃった時に、これがそうなのかと。
【頭髪の変化】髪質が細く柔らかくなりました。薄い人は復活するようです。
【体毛の成長の変化】頭髪、顔面、陰毛を除いて、微妙に薄く遅くなります。
【体臭の変化】汗も尿も甘い匂いになります。・・・男の匂いじゃないですね。やっぱり、女のでもないのですが(笑)。

精神的に不安定になったり、鬱状態になるとも言われています。だけど、あたしは服用を始めてから、スゴク楽になり落ち着きました。精神安定剤を摂っているような、そんな感覚でさえいます。だから、このへんは人それぞれ・・・と思っていましたが、最近否定できなくなっちゃいました。だけど、薬のせいにはしたくない・・・。


【バスト】
これも副作用なんですよね。期待している副作用ですが(笑)。だけど大きくなりません。悲しいけどAAカップ。せめてAカップ欲しいなあ。
それでもね、こんなちっちゃな胸なんだけど、触った時にあると落ち着くんです♪。


G-FRONT関西 のコンテンツ、ホルモンテキスト(性同一性障害の人のための、ホルモン療法の基礎知識) には、基本からの分かりやすい説明があります。あたしは MtF の立場からしかお話していませんが、逆の情報も詳しいです。

posted by 進藤むつみ on Spring, 2005 in T's

comments (6)

昨日、コメントを投稿した後は今朝まですっごいドキドキしてました…
「ちんぷんかんぷんです!」(ドキッッ!(笑)

副作用の事を何度も読み返して、いろいろ書いたんですけど
思考がらびりんすに迷い込み、知恵熱が発生したのでリセットしました(汗)
どんなにマイナス要因があっても、むつみさん自身が
服用を始めて楽になった。って言える状態である。という事が一番ですよね!
わずか数十年の人の人生、悩み続けるなんて私も嫌。ですから♪
お陰で私は「脳天気な奴」と思われているフシもありますけど…(汗(悩みは解決していくものです!(笑)
副作用なんかに負けないで下さい☆

むつみさんのblogは、読むのを楽しみにしている中の一つなのでまた書きに来ますね♪
あっ毎日読みには来ていますデス(笑)

ずっとどうコメント入れようか迷っていて、本当は未整理だからこれも書くべきじゃないのかもしれないなあと思いつつ、中途半端な私は、いつもの如く見切り発車で書きます。卑怯かもしれないけれど、ごめんなさい。
「そのようにしか生きられない」って言うのは、もうね、確信がむつみさんの中であるだろうし、負もそこから生じる全ての事も、御自分が引き受ける・・・覚悟なんてそんな大層なものは無くても、だろうから、別に受け取る側としては、驚きってのはなかったよ。本当に。
でもね、それでも尚、こうやって副作用の事とかさ、調べていても、現実に自分に「起これば」違うじゃん?
私は、すっごい意気地なしだから、「もういいやあ」とか「このまま逝っちゃったらそれで楽~」とかずっと思って生きていたんだけれど、生きるか死ぬかってなった時にね、やっぱ「神様~~」なんて思ってやんの。必死に祈ってやんの。
色々個人差もあるだろうし、現れる症状だって違うだろうと思うの。そんでさ、自分が「意識」があって、意思を表明できりゃいいけどさ、そうじゃない時だって来るかもしれない。
一つの症状じゃなくてさ、むつみさんがたまたま他に何か症状あって、それに複合って事だってあるよね。
だから飲むのを止めろって言ってるんじゃないのよ。たださ、やっぱり何かの時に具体的に助けてくれる医者を、それはやっぱり難しい道なのかもしれないけれど、それを探して欲しいと切に願う。
そうそう簡単に見つからないかもしんないけどさ。でもね、やっぱそれは探りつつ飲むって形をとって欲しいと願うよ。
私は「恋話」が好きな訳じゃない。そうしか生きられないとしても、「誰かを求める」という作業から降りたくないだけ。諦めたくないだけ。その作業のしんどさこそ、話をできればなあと願うよ。ただ、私の筆力では、何処まで書けるか判らないけれど。
多分むつみさんは「意志」=「病気(?)的カテゴリー」に嵌められたくないんだと勝手に私は想像している。だってやっぱ「治療」って言葉は随分遊離していると思うからね。むつみさんの意識から。だからそういうのは私も「ちょっとな~~」って思うんだけれど、でもさ、必要以上に何かあって欲しくないし、やっぱりどうにかプロの視点が必要な時はすっと、最小限の精神的な消耗で助けを借りられるポジションを作って欲しいと願っています。
何か、巧く書けないけど。すまん。

  昨日は調子のいい事を書いてしまったのかな?と思いました。  確かに無責任な言動ではありましたが、あれがわしの嘘偽り無い思いでありました。  人が抱えるその悩みの全てを理解して物を喋るのが出来ないわしであります。  むつみさんの事を本当に心配していると言える自信が無くなってしまったな。

  kazooさんの仰る事は真実です。  人は譬え一人で暮らしていてもひとりで生きている訳ではなく、周りに対する責任と言うものは必ずある、と思います。  自分の体でも、自分ひとりの体ではない。  だから身近に頼れる人物が必要だし、信頼できる専門家は欲しい。  でもあらかじめ全てを用意してから事を起こす余裕が、きっとむつみさんには無かったのだと思うから。

  わしはむつみさんにはむつみさんのポジションに落ち着いて欲しいと願うだけです。  多分今回の記事は御自分を整理、理解する為に始められた事だと思います。  楽な気持ちで自分を見詰められるようになって欲しい。  だからわしはどんどん甘い事を書き込んでいきます。  体は大切です。  でも自分を粗末にしているなんて考えないでください。  なに、いざとなったらわしのトコにお嫁さんに来て下さいな♪  わし、お婿さんに仕えるのは自信ないけど、お嫁さん養う自信はあるよん♪

  ・・・・う~ん(汗)  ウザったくなったら言ってね☆

>fudabaさん♪
副作用の事は、当事者以外は知る必要のない事なんですよね。「副作用がある」っていうだけでも、十分だったかもしれません。
結局、メリットとデメリットを比べた時、あたしにはプラスが大きかっただけだったのかも。「楽になったという事が一番」と言っていただいて、とてもありがたかったけど、もし誰かに「楽な方を選んだだけ」と言われたとしても、仕方ないくらいかもしれません。
普段はね、普通の状態だったら「能天気さ」は負けないあたしですが、もう少しだけ悩んでいるフリをさせて下さい。
Simply Wonderful ! さんに、毎日お邪魔させてもらうようになって1ヶ月かな?。「女性と間違われる」と言われる意味が、分かるようになってきました。
落ち着いたら、そんな話もしたいなと思います。

>kazooさん♪
みっともない姿をお見せして、申し訳ありません。
あたしの中からも、中途半端なまま言葉として出ているようで、昨日の日記も一昨日の日記も、まとまりのないものになってしまっています。だけど、ちょっとこのまま、多分もう一日だけお話させて下さい。
最初にお話しておくと、副作用の話は、こんなに書くつもりじゃなかったんです。本質的な副作用・・・「不妊」と「止められない」。それだけ書ければ、十分と思っていました。
ただ、この先副作用の事って、もう書く事がないような気がするんです。そうすると、本質の副作用の説明の他に「誘引するものもある」だけでは、ますます中途半端な内容になってしまいそうで、記事増やして急遽追加する事にしたものでした。
当然そんなつもりではなかったのですが、読み返してみると病気を威張ってるみたいで、良い内容ではありませんね。後日削除しちゃうかもしれません。
薬をはじめて、なにより一番考えたのは飲みすぎない事。だけど、今の服用量が適量なのかさえ、血液検査をしないと分かりません。そして体の事を考えた時には、内服よりも注射の方がいいんですよね。なによりも、いざという時に、相談できるかどうか・・・。確かに、お医者さんが必要なんですよね。心から相談できるお医者さんが。
どうしても「特別な事」という意識があって(特別には間違いないけど)、そういう問題は後回し・・・というか、考えないようにしてきたような気がします。いけないですよね。
どうしたらいいのか、直ぐには思いつきません。情けない事に、それだけの余裕も今はありません。だけど、真剣に考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

>usagi3さん♪
昨日のusagi3さんの言葉は、あたしにとって掛け替えのない言葉でした。
あたし自身がよく分かってない状態で書いていて、いえ、もう何をしたいのかも分からない状態で、逆に申し訳なく思ってしまいます。なんか、掃き散らかしてるだけのような気がしてきます。だけど、うーん、やっぱり手探りでお話させて下さい。あたしは、声を掛けてもらう事で助けられています。
スタートする時には、確かに余裕はありませんでした。全てを用意するどころか、何もないままに走り出しています。だけど、考えてみれば一年以上の月日の中には、余裕のある事もあったんですよね。通りすぎてしまったのは、あたしの甘えのような気がしています。
この記事は、自分を整理する為が一番でした・・・たぶん。あとは、叫びたい・・・かな?。あたしが立っているスタンスを、分かって欲しいって言うのはあったか。今夜でまとめたいと思うけど、まとまる自信はないんですよね・・・。ゴメンナサイ、何をしてるんだろうなあ、あたしは。
お嫁さんになりたいなあ・・・。

こんばんわ。
昨晩むつみさんのこのお話を読んで、想像していたことではありましたが、ちょっとショックだったかな。
同情というのではないですよ。
でも心の秘密を打ち明けずにはいられないというのは、多かれ少なかれ誰しもあるものなので、それを打ち明けてくれたあなたという人を、ほんとうに好きになった。
ぼくのブログで少し触れてしまったことをお詫びします。
でも書かずにはいられなかったんで…

>osaさん♪
見苦しい姿を見せてしまい、申し訳ありませんでした。恥ずかしい。
それなのに、優しい言葉を掛けていただいたりすると、なんて言うか、ホントにありがたいと思います。ありがとうございます。
だけど、やっぱり黙っていられれば良かったと思うんです。想像していた・・・けれど、ハッキリさせないのが大人ですよね。でも・・・抑え切れなかったんですよね。
ブログで触れてる事は、全然問題ありません。あちこちで「好きになった」と言われると、ちょっと恥ずかしいですけどね(笑)。
先程、3つめの区切りの記事をアップしました。osaさんじゃありませんけど、もう書かずにはいられなかった内緒話でした。さらけ出してしまって落ち着いているような気がするけれど、少し時間をおいてみないと分からないです。
また、いきなり叫び始めるかも・・・。その時はご容赦ください。

p.s. 粋人の紹介で、あの写真の記事がトップなのが素敵です♪

post a comment